ここから本文です

三菱自関連企業、解雇や雇い止め12社・107人に

ニュースイッチ 9/8(木) 7:00配信

岡山県まとめ。「解決には遠いと改めて感じた」(伊原木知事)

 岡山県は三菱自動車との取引企業178社のうち、7月末までに解雇や雇い止めをした企業は12社・107人にのぼったとの調査をまとめた。三菱自動車の軽自動車生産・販売停止が県内中小企業に与えた影響を調べた。8月初旬に県内290社を対象に調査し、200社から回答を得た。

 7月末までに雇用調整を実施した企業は46社、解雇・雇い止めした企業は12社だった。今後、8―12月は19社が雇用調整、1社が解雇・雇い止めを見込む。売上高の実績・見込みでは、前年同期と比べ減少と回答した企業は、4―6月と7月の実績でそれぞれ128社と119社。8月と9―12月は、それぞれ114社と107社が減少する見込み。伊原木隆太岡山県知事は「危惧していたより早く生産再開となったのは非常に大きな一里塚ではあったが、解決には遠いと改めて感じた」と語った。

最終更新:9/8(木) 7:00

ニュースイッチ

なぜ今? 首相主導の働き方改革