ここから本文です

元1部、名門クラブのスタジアムが入札に=元選手が訴訟、ブラジル全国選手権

ニッケイ新聞 9/8(木) 22:01配信

<ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」7日付>

 サンパウロ市北部にある名門クラブ「ポルトゲーザ」の本拠地、カニンデ・スタジアムが11月7日に入札にかけられる予定となった。

【五輪】ネイマールの金メダルヘア、ブラジルで流行中?

 これは元選手のチアゴ・デ・モラエス・バルセロスさんがクラブを相手取って起こした裁判で、500万レアル(約1億6千万円)の支払いが命じられたのに半額しか払われないため。

 チアゴさんが再訴訟を起こし、クラブ側はなんとか入札を阻止しようとしている。「ルーザ」の愛称で市民に知られるポルトゲーザだが、ここ数年は不調で現在行われている全国選手権では3部所属。しかも4部降格の危機にある。

 地下鉄1号線のポルトゲーザ・チエテ駅からも見える有名なスタジアムなのだが、チームの低迷はしばらく続くかもしれない。

最終更新:9/9(金) 1:47

ニッケイ新聞

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革