ここから本文です

配車アプリ、個人タクシーも対象に まず大阪から 日本交通

乗りものニュース 9/8(木) 7:00配信

アプリの「全国タクシー」で呼べるように

 タクシー大手の日本交通(東京都千代田区)が2016年9月から、スマートフォン用アプリ「全国タクシー」で、個人タクシーも呼べるようにすることがわかりました。

強すぎる新型「プリウス」独走続く 8月新車販売【乗用車販売台数ランキング最新版】

「全国タクシー」は画面の地図上で指定した場所にタクシーを呼ぶことができるほか、タクシー運賃のネット決済機能や料金検索機能などを搭載。現在、全国47都道府県で日本交通をはじめとする合計3万台以上の法人タクシーが利用できます。

 しかし、全国でおよそ3万5000台を数える個人タクシーとの連携はこれまでありませんでした。そこで日本交通はまず全大阪個人タクシー協同組合と提携し、今月内にも個人タクシーをアプリで呼べるよう機器の整備などを進めていくとしています。同組合によると「タクシー側も、スマホの位置情報により配車先がすぐわかるのがメリット」とのこと。これをきっかけに、乗務員の質向上を目的とした再教育も考えていきたいとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/8(木) 7:15

乗りものニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革