ここから本文です

世界限定3台のみ!価格は2.8億!ケーニグセグ 「アゲーラ RSR」ってどんなクルマ?

オートックワン 9/8(木) 12:07配信

ケーニグセグ オートモーティブ ABは、「アゲーラ RSR」を世界限定3台のみ発売した。全てが日本のカスタマーへとデリバリーされるという。「アゲーラ RSR」は、限定生産された「アゲーラ RS」をベースとしており、RSシリーズのスペシャルバージョンとなる。価格は2億8千万円。

>>「アゲーラ RSR」を写真でチェック!(48枚)

随所に「ONE:1」を彷彿とさせるデザインが

RSRのエアロダイナミクス上の大きな特徴の1つがリアスポイラーで、RSのようなボディ後方にマウントされるタイプではなく、「One:1」に似たルーフから伸びるタイプのスポイラーが装着されている。これにより更にダウンフォースを発生し、ハンドリングを向上させながらも、基本となるシェイプは「アゲーラ RS」を踏襲している。

「アゲーラ RSR」のもう1つの大きな特徴は、One:1と同様でありつつも、やや短く独特のデザインをしたルーフ後端のエアインテークである。

CEOのクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏は「私達は創業以来、日本を当社にとって極めて重要なマーケットと見なしています。アゲーラ RSRを生産し、デリバリーするにあたって、日本のカスタマーと仕事ができたことは我々にとって大きな喜びでした。アゲーラ RSRの発表は、既に十分エクスクルーシブだった存在のRSシリーズに新たな魅力を加えてくれました」とコメントした。

主なスペック

エンジン:ツインターボ付きケーニグセグ製アルミニウム5.0L DOHC32バルブV8

トランスミッション:オートモード付き7速パドルシフト/ケーニグセグ電子制御デフ(KED)/ケーニグセグギアボックスコントロールモジュール(KGCM)

最高出力:865kW(1160bhp)/7800rpm(ガソリン燃料時)

最大トルク:1280Nm/4100rpm

全長×全幅×全高:4293mm×2050mm×1120mm

ホイールベース:2662mm

低速走行時の地上高:105mm

トラックモードでの地上高:85mm

フロントリフティングシステム作動時:150mm

乾燥重量:1295kg(車両重量:1395kg)

最終更新:9/8(木) 13:26

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。