ここから本文です

歴史的な変化を選んだiPhone7 最高幹部がBuzzFeedだけに語った進化の哲学

BuzzFeed Japan 9/8(木) 11:10配信

9月7日(現地時間)、発表された新しいiPhoneからは、ヘッドフォンジャックが消えていた。「今回は、すべての箱に(昔ながらのイヤホンを繋ぐ)アダプターを入れています」とハードウェアプロダクトマーケティング担当上級副社長、グレッグ・ジョズウィアック。ジャックがなくなったことへの反発が出るであろうことを、踏まえてのことだろうか。

iPhone 7で取り組んだ進化の背景について、Apple最高幹部たちがBuzzFeed Newsのインタビューに答えた。
【John Paczkowski、中野満美子 / BuzzFeed Japan】

ユーザーが使い慣れたものを、Appleがあえてなくすのは初めてではない。Appleはそれを好んでやってきた。でも、コンピューターよりも先に存在していて、オーディオ産業全体が標準仕様として使ってきた、ヘッドフォンジャックを、なぜなくすのか?

ヘッドフォンジャックは、19世紀に電話交換手のために生み出されたジャックが元になっている。現存する最も古い電気規格の一つで、これまでの100年の間に作られたすべてのオーディオ機器に使われていると言っても過言ではない。

ステレオ、カムコーダー、ギターのアンプ、ノートパソコン、飛行機の機内エンターテインメント、スマホ。そして、iPhoneもここに含まれていた。

Appleは、オーディオの未来はワイヤレスになると主張する。今のモバイルオーディオの形は時代遅れで、今すぐ放棄しても良いものだと考えている。音楽のストリーミングが浸透し、多くのワイヤレスの音楽プロダクトが発売されている昨今、Appleの考え方が違っているとは言い難い。

しかし、未来に生きるためには、対価を払わなければならない。すでに持っているイヤホンを捨てて、新しいワイヤレスのiPhoneアクセサリーを購入しなければいけない。この対価に相応の価値があると、ユーザーに判断させられるかは、Apple次第だ。

1/3ページ

最終更新:9/8(木) 11:10

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]