ここから本文です

直径136mの巨大ローター! 日立が低風速対応の5.2MW級洋上風力発電システム

日刊工業新聞電子版 9月8日(木)15時9分配信

毎秒7.5メートル未満でも出力5.2MW

 日立製作所は7日、低風速地域での発電に対応した5メガワット級の洋上風力発電システムを開発した。自社の既存機と比べ風車のサイズ(ローター直径)を15%伸ばし、風を受ける面積を拡大。年間平均風速が毎秒7.5メートル未満でも発電できるようにした。2017年度に発売する計画。

 すでに日立は強風速地域向けの5メガワット級製品を販売している。今回のシステムを品ぞろえに加え、強・低風速の両地域に対応し、洋上風力発電の需要を開拓する。

■ローターの巨大化で受風面積15%拡大
 日立が開発した低風速地域向け洋上風力発電システム「HTW5.2-136」の定格出力は5.2メガワットで、ローター直径は136メートル。日本の気象条件などを考慮し台風や雷、津波を受けても故障しにくくした。

 グループ会社の日立ウィンドパワー(東京都港区)が運営する鹿島港深芝風力発電所(茨城県神栖市)で、10月から試験運転を行い性能を確認する。

 日立は20年度に風力発電システム事業で1000億円の売り上げを目指しており、5メガワット級のほかに2メガワット級のシステムを展開している。洋上風力発電市場の開拓に向け、既存の強風速地域向けシステムについても定格出力を5メガワットから5.2メガワットに高めて発売した。また17年度にも2.5メガワットシステムを投入する計画。

最終更新:9月8日(木)15時9分

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]