ここから本文です

【動画解説】台風13号 温帯低気圧化しても大雨に警戒

ウェザーマップ 9/8(木) 11:56配信

ウェザーマップ

 台風13号は8日午前3時に温帯低気圧に変わりましたが、大雨が降ることに変わりはありません。これまでの台風により被害が出ている北海道でも再び大雨のおそれがあります。

 台風13号は低気圧に変わりましたが、南から暖かく湿った空気が入り込むため、引き続き大雨に警戒が必要です。
 雨雲がまばらなため、降っている所と降っていない所がありますが、局地的には猛烈な雨が降っています。1時間に80ミリ以上の雨が降っていて、観測史上1位の値を更新している所もあります。

 今後雨の範囲は東~北日本へ広がります。東北では今夜活発な雨雲がかかる見込みです。北海道でも東部を中心にあす9日午前中にかけて大雨になるおそれがあります。

 9日昼までに予想されている24時間雨量は多い所で130ミリとなっています。北海道ではこれまでの台風の影響で地盤が緩んでいたり川が増水したりしているため、更なる災害には十分な警戒が必要です。(気象予報士・河津真人)

最終更新:9/8(木) 11:56

ウェザーマップ