ここから本文です

【MLB】イチロー、三塁打&左前打で今季24度目マルチ 3021安打で歴代単独26位浮上

Full-Count 9月8日(木)8時28分配信

パルメイロを一気に抜いて単独26位、25位のブロックにも残り「2」

 マーリンズのイチロー外野手は7日(日本時間8日)、本拠地でのフィリーズ戦に「2番・左翼」で2試合ぶりに先発出場し、今季24度目のマルチ安打を記録した。5試合連続安打でメジャー通算3021安打として、ラファエル・パルメイロを一気に抜いて歴代単独26位に浮上した。マーリンズは6-0で快勝し、連敗を「5」で止めた。

イチローは歴代26位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは初回、1死走者なしで打席に立ち、1ボールからヘリクソンのチェンジアップを捉えた。右翼線へライナーで運ぶと、あっという間に加速。俊足を飛ばして一気に三塁に到達した。

 余裕の“スタンディングトリプル”で、前日の代打本塁打に続く5試合連続安打。8月は67打数14安打の打率.209と数字を落としていたが、9月に入ってからは前日まで23打数7安打の打率.304と、再び状態を上げてきている。

 ヘリクソンとは過去20打数2安打の打率.100と相性が悪かったが、初回にいきなり三塁打。ラファエル・パルメイロと並んで歴代26位タイに浮上した。日米通算では118本目のスリーベースで、続くプラドの遊ゴロで先制のホーム。早速、存在感を見せた。

 2-0で迎えた3回の第2打席は中飛に倒れたが、5回の第3打席で再び快音を響かせる。無死一、二塁でバントの構え。初球はボール、2球目は低めのボールを見送ったがストライクで、3球目はファウルに終わる。しかし、4球目の速球を捉えると、鋭いライナーで三遊間を抜く左前打。鮮やかな流し打ちで無死満塁とチャンスを広げ、続くプラドの犠飛を呼び込んだ。パルメイロを抜いて、一気に歴代単独26位に浮上。マーリンズは3-0とリードを広げた。

 イチローのマルチ安打は3試合ぶりで今季24度目。第4打席は二ゴロに倒れ、打率は.298となった。歴代25位のルー・ブロックは3023安打で、イチローは残り2本と迫っている。マーリンズは着実に加点し、6-0で勝利した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月8日(木)11時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]