ここから本文です

乃木坂46白石麻衣、個性豊かなキャラが「魅力」

MusicVoice 9月8日(木)9時22分配信

 乃木坂46の白石麻衣(24)が7日、東京・TOHOシネマズ新宿でおこなわれた、映画『闇金ウシジマくんPart3』(9月22日公開)の完成披露上映会に、主演を務めた俳優の山田孝之や綾野剛らとともに出席、撮影時のエピソードを語った。白石は「個性豊かなキャラが多く出るのが魅力だと思います」と作品をアピールした。

【写真】白石麻衣のノーバン投球

 『闇金ウシジマくん』は、真鍋昌平氏原作の同名コミックス。2010年から毎日放送系でテレビドラマ化され、2012年、2014年には映画化されている。22日に公開される実写版『闇金ウシジマくん Part3』ではこれまでと同様、貸金業社「カウカウファイナンス」の社長・ウシジマを山田が、情報屋の戌亥を綾野がそれぞれ演じ、白石麻衣は新人タレント・麻生りな役として今回から加わった。

 山田は「今回『Part3』が22日に公開されて、1カ月後に『ファイナル』が公開されます。是非、観てください!」と挨拶。綾野は「山田と4年一緒に(ドラマも含め)やってきてるので、平常運転で、映画だからといって特別に意識したりせずに演技しました」と今回の役作りに対してコメント。

 この日、白一色の清楚な衣装で登場した白石は、演じた新人タレント役について「今回は皆さんの中でも、身近なイメージしやすいキャラを演じたと思うので、共感できる方もいるんじゃないかな、と思います」とコメント。

 また、作品について「『ウシジマくん』はハードで怖いイメージがあると思うんですけど、個性豊かなキャラが多く出るのが魅力だと思います」とアピールした。(取材・松尾模糊)

最終更新:9月8日(木)9時22分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。