ここから本文です

民間初の月面探査「HAKUTO」、JAXAと共同で月面での科学データ収集を実施へ

sorae.jp 9月8日(木)12時20分配信

民間初となる月面探査プロジェクト「Google Lunar X Prize」に参加する、日本チームの「au×HAKUTO MOON CHALLENGE(以下、HAKUTO)」。優勝賞金2000万ドル(約20億円)とビッグなレースに参加するHAKUTOは新たに、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と月遷移軌道や月面での科学データ収集に向けた共同研究契約を締結したと発表しました。
 
HAKUTOはオフィシャルパートナーらの協力を得て開発した探査車で、2017年末までに月面を500メートル走行し、地球に画像か動画を送信することを目標としています。そして今回の契約では、HAKUTOとJAXAは探査車による月遷移軌道及び月面における宇宙放射線環境データの取得を目指しているのです。
 
具体的にはHAKUTOの探査車には宇宙放射線計測用超小型リアルタイム線量計が搭載され、放射線量の計測が行われます。またJAXAは独自のシミュレーション結果と実測データを比較することで、シミュレーション技術の向上をも計画しているようです。
 
さらに、JAXAは今回の契約によってHAKUTOのサポーティングカンパニーにくわわることも発表されました。HAKUTOのオフィシャルパートナーとしてはauだけでなく、IHIやJAL、セメダイン、スズキなども協力を表明しています。このように国家機関ではなく私達に馴染みのある民間企業が力を合わせて宇宙を目指す姿は、まさに21世紀の宇宙開発のあり方といった感じですね!

最終更新:9月8日(木)12時20分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]