ここから本文です

ケイト・アプトン、「ずっと痩せろと言われていた」

ELLE ONLINE 9/8(木) 20:21配信

雑誌『グラマー』のインタビューに答えたケイト・アプトン。これまでモデル事務所から「痩せるように」と言われ続けていたそう。「最初は彼らのイメージに合わせようとダイエットしていた。でもだんだんそれが現実的ではないことに気がついたの」「これは私の体型の問題。だからそういう意見は聞かないようにしたわ」ときっぱり! さらに「あなたを変えようとして大きな声で意見を言う人は、ビジョンやクリエイティビティが大きく欠けている」と手厳しく批判したそう。

ケイトがグラビアを飾り、彼女にとってブレイクのきっかけになった雑誌『スポーツイラストレイテッド』も、最近はこれまでのようなモデル体型の女性以外に、プラスサイズのモデル、アシュレイ・グラハムなど様々な体型の女性を起用。ケイトは「業界は明らかに変わってきている。多くの場合はいい方向にね」と思っているそう。「色々なものを受け入れるようになっている。私にとってはアシュレイのように自分の体を愛し、いつもそれについて口に出している女性は刺激的だわ」とコメント。

女性に大きなプレッシャーを与えたり、ネットでのいじめの原因になったりするボディイメージ問題。いい方向に変わりつつあるというケイトの言葉を信じつつ、今後のグラビア界の動きを見守りたい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9/8(木) 20:21

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]