ここから本文です

阪神高山が孤軍奮闘、新人王へ期待高まるも…甲子園で巨人戦9戦勝ちなし

Full-Count 9/8(木) 8:45配信

2安打で1950年の徳網茂に並ぶ、3位DeNAとは6差と厳しい状況

 虎党の希望は黄金ルーキーの活躍だけになってしまうのか――。阪神・高山俊外野手が7日の巨人戦(甲子園)で、2安打を含む全4打席で出塁。孤軍奮闘の活躍を見せたがチームは2-3で敗れ、甲子園での巨人戦は9戦白星なし(8敗1分け)となった。

 9回。阪神は北條が本拠地初アーチとなる意地の3号ソロを放ち1点差に詰め寄ったが、反撃はここまでだった。左腕・田口の前に7回で1得点。高卒3年目での2桁勝利となる10勝目を献上した。伝統のTG戦だったが、甲子園に集まった観客は3万6433人。前夜に続き満員御礼にはならなか った。

 3位DeNAまで6差となり、逆転でのクライマックスシリーズ進出は奇跡に近い状況となっている。希望の星はドラフト1位ルーキー・高山だろう。この日は3回の第2打席で中前打、5回にはシーズン122安打目となる左前タイムリーを放ち、1950年の徳網茂に並んで球団新人安打記録は3位タイに浮上した。

 猛虎打線が打ちあぐねた左腕・田口からマルチを記録したが「スライダーを待って、そのボールをしっかり打ち返すことができた。状態はいい。チームが勝てないので難しいところですが」と厳しい表情だった。

 球団では2007年の上園以来となる新人王への期待も高まっている。今では不動の3番打者としてチームを牽引しているが「シーズン最初からずっと使ってもらっている。(残り試合が)あと少ししかないが、責任感を持ってやっていくしかない」と前を向いた。苦しみながらも成長を続けるルーキー。今シーズンの経験が今後の野球人生に生きていくはずだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/8(木) 8:54

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。