ここから本文です

ソニー最強の据置型ヘッドホンアンプ「TH-ZH1ES」。ハイレゾはDSD 22.4MHz、リニアPCM 768kHz/32bitに対応

Stereo Sound ONLINE 9/8(木) 13:00配信

豊富な接続端子で多くのヘッドホンに対応

 ソニーより、ヘッドホンアンプ「TH-ZH1ES」が10月29日に発売される。価格は¥278000(税別)。

 本機は、先日ドイツで開催された家電見本市「IFA2016」で発表され、注目を集めたモデルだ。本日発表されたウォークマンの最上位機「NW-WM1」シリーズ、フラッグシップヘッドホン「MDR-Z1R」とともに、コアなオーディオファンに向けて音づくりを追求した「Signature Series(シグネチャー・シリーズ)」に位置づけられている。

 TH-ZH1ESは、最高でDSD 22.4MHz(ネイティブ)、リニアPCM 768kHz/32bitのハイレゾ音源の再生をサポート。また、プリアウト端子(出力固定/可変/OFF切替可)も備えているので、D/Aコンバーターや、コントロールアンプとしても利用できる。

 本機は新開発の「D.A.ハイブリッドアンプ」を搭載しているのが特長だ(D.A.はデジタル・アナログの略)。同社のデジタルアンプS-Master HXは、300~600Ωといったインピーダンスの高いヘッドホンを大出力で駆動する時に、出力波形にわずかだが誤差が生じるという。D.A.ハイブリッドアンプでは、この誤差成分を検出&補正するため、S-Master HXにアナログ回路を組み合わせているのがポイント。これにより、高出力とダイナミックでストレートなサウンドを両立させたという。

 そのほか、同社のHDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」にも採用の「DSDリマスタリングエンジン」の進化版を採用することで、リニアPCM音源をDSD 11.2MHzにアップサンプリングして再生できる(ON/OFF可)。

 なお、本機はS-Master HXや、DSDマスタリングエンジンの信号処理のために、プログラム可能なプロセッサー「FPGA」を用いている。

 また、圧縮音源をアップサンプリングする「DSEE HX」は、最大384kHz/32bitへの拡張に対応した(ON/OFF可)。加えて、曲の種類に合わせて5種類のプリセットが用意されている(スタンダード/女性ヴォーカル/男性ヴォーカル/パーカッション/ストリングス)。

 そのほか、アナログパワーアンプの位相特性をシミュレートした「DCフェーズリニアライザー」を装備しており、充分な量感を得られるとしている(特性は6種類から選べるほか、OFFも可)。

 接続端子には、アンバランスが6.3mm標準と3.5mmステレオミニ、バランスが3.5mm×2、XLR4に加えて、JEITA新規格の4.4mm標準と5種類を装備した。多くのヘッドホンを変換プラグを用いずにつなげられるのが嬉しい。

1/2ページ

最終更新:9/8(木) 13:00

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。