ここから本文です

「岡山カープ会」胴上げを心待ち 飲食店のTV観戦でメンバー声援

山陽新聞デジタル 9月8日(木)23時24分配信

 プロ野球セ・リーグ、広島の25年ぶりとなる優勝が迫った8日、岡山県内外のファンでつくる「岡山カープ会」のメンバーが岡山市内の飲食店でテレビ観戦した。広島は中日に快勝して、優勝へのマジックナンバーはついに「1」。ファンらは秒読み段階となった胴上げを心待ちにした。

 同市北区清心町のメキシコ料理店に約20人が集合。赤いレプリカユニホームを着込み、本拠地・マツダスタジアム(広島市)での中日戦の生中継を観戦した。

 試合は広島が序盤からリード。メンバーは応援歌や「かっとばせー」の声援で盛り上げ、得点のたびにハイタッチして喜んだ。一時2点差にまで迫られたが、7―4で振り切ると、拍手でナインをたたえた。

 2位巨人が勝ったため、優勝決定は9日以降に持ち越された。広島は9日は試合がなく、10日に巨人と直接対決する。会長のフリーライター市田真紀さん(46)=岡山市=は「できれば最後は自力の勝利で胴上げを見たい。みんなで声援を送ります」と話していた。

最終更新:9月8日(木)23時24分

山陽新聞デジタル