ここから本文です

錦織の4強入りをかけた戦い、第1セットはマレーが先取 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月8日(木)3時27分配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/予選8月23日~、本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第6シードの錦織圭(日清食品)が第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦し、第1セットはマレーが6-1で先取した。

【全米オープン9日目_WOWOW動画】錦織圭×松岡修造/全米オープン4回戦振り返り

 両者の対戦成績はマレーが7勝1敗でリード。今シーズンは2度の対戦があり、3月のデビスカップ・ワールドグループ1回戦(イギリス・バーミンガム/室内ハードコート)では7-5 7-6(6) 3-6 4-6 6-3、8月のリオ五輪(ブラジル・リオデジャネイロ/ハードコート)の準決勝では6-1 6-4で、いずれもマレーが勝っている。

 錦織の1勝は2014年のATPツアー最終戦(イギリス・ロンドン/室内ハードコート)のラウンドロビンでのもので、6-4 6-4で錦織がマレーから初勝利。それ以降はマレーの4連勝となっている。

 全米オープンには7年連続8度目の出場となる錦織は、2014年に自己最高の準優勝を果たしている。昨年は1回戦で、ブノワ・ペール(フランス)に4-6 6-3 6-4 6-7(6) 4-6で敗れていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 07: Kei Nishikori of Japan returns a shot to Andy Murray of Great Britain during their Men's Singles Quarterfinal match on Day Ten of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 7, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:9月8日(木)5時16分

THE TENNIS DAILY