ここから本文です

クロップはショック? 興味示すドルトムントMFはまさかのマンUファン「ルーニーが好きでね」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月8日(木)10時20分配信

今夏に獲得狙うとの報道もあったが……

リヴァプール指揮官のユルゲン・クロップは、イングランドに来てからもブンデスリーガでプレイしている選手をチェックし続けている。これまでにもロベルト・フィルミーノやジョエル・マティプら自身がブンデスリーガで見てきた選手を獲得しており、今後もその流れは続くだろう。

そして現在クロップのお気に入りの1人と言われているのがドルトムントでプレイする17歳のアメリカ人MFクリスティアン・プリシッチだ。プリシッチはドルトムントで定位置を確保しているわけではないが、アメリカの将来を背負う人材として大きな期待を受けている。

しかし、プリシッチはリヴァプールのライバルクラブを気に入っているようだ。米『ESPN』によると、プリシッチは幼いころからマンチェスター・ユナイテッドが好きだったと告白。憧れの選手がいることも明かした。

「僕は小さい頃マンUの大ファンだったんだ。ウェイン・ルーニーのプレイを見るのが大好きでね。ルーニーと僕は似た選手だとは言えない。彼ほど試合に情熱を持っている選手はなかなかいないと思う。それがルーニーのファンの理由だね」

英メディアなどはクロップにとってショッキングな話題ではないかと伝えており、獲得に向けて1つ障害ができたと捉えている。プリシッチは今のところ移籍の噂などの雑音には興味がないようだが、クロップはマンUファンのプリシッチも狙うのか。仮に獲得した際にはプリシッチもマンUについて質問されることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月8日(木)10時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報