ここから本文です

ソニーからMADE IN JAPANのフラッグシップヘッドホン「MDR-Z1R」登場

Stereo Sound ONLINE 9/8(木) 13:01配信

2種類の素材を使い分けた振動板を採用

 ソニーより、オーバーイヤー型ヘッドホン「MDR-Z1R」が10月29日に発売される。オープン価格で、想定市場価格は20万円前後。

 本機は、先日ドイツで開催された家電見本市「IFA2016」で発表されて注目を集めたのが記憶に新しい。本日発表されたウォークマンの最上位機「NW-WM1」シリーズ、ヘッドホンアンプ「TA-ZH1ES」とともに、コアなオーディオファンに向けて音づくりを追求した「Signature Series(シグネチャー・シリーズ)」に位置づけられている。妥協のないクォリティの証に「エンジニアがサイン(Signature)した」という意味が込められているとのことだ。

 MDR-Z1Rは、アーティストが思い描いた音を忠実に再現するだけでなく、リスニングヘッドホンとして「音楽を聴いている空間で感じる音(空気感)」を表現することを目指している。この空気感を得るために「高域再生」、「高ダイナミックレンジ」、「平面波サウンド」を達成すべき要素として掲げて開発したという。

 ドライバーには、70mm径のユニットを採用。振動板は同一の素材で作るのが通例だが、本機のそれは軽量・高剛性が求められるドーム部に「市販品では最薄級」という厚さ30ミクロンのマグネシウムを、適度な柔軟さが求められるエッジ部にはアルミコートLCPと、異なる高内部損失素材を組み合わせている。これにより、色付けを抑えたクリアーな音を実現したという。再生周波数帯域は4Hz~120kHz。

 さらに、振動板の前面に設けられるグリルには、従来の同心円・放射状パターンのものに代わり、フィボナッチ数列を参考にした曲線のパターンを施すことで開口を均等化。また、空気の伝搬を阻害しないよう、高剛性素材を用いて桟を細かくすることで、ピークディップを抑えた滑らかな超高域特性を獲得したとのことだ。

 また、人の耳のサイズ(平均65mm)より大きな70mmドライバーにより、耳に対して平面に近い波面を生み出す。こうすることで、スピーカーで音楽を聴いているような、自然な響きを実現するとしている。

 加えて、最大エネルギー積400kJ/立法メートルのネオジウムマグネットを、同社ヘッドホン史上最大サイズで使用。磁束密度を極限まで高めた、高効率な磁気回路の開発により、ハイレゾ音源にも高感度で反応し、解像度の高いサウンドを手に入れたとのことだ。

1/2ページ

最終更新:9/8(木) 13:01

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。