ここから本文です

天皇杯でJ2山口に敗北のJ1福岡指揮官「もう一度襟を正し、Jリーグの残り7試合にすべてを懸ける」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/8(木) 10:50配信

大逆転での残留なるか

7日に天皇杯2回戦が開催され、J1のアビスパ福岡がホームスタジアムでJ2のレノファ山口に敗北。試合後、福岡の指揮を執る井原監督が敗戦を振り返り、今後のリーグ戦に向けて意気込みを語った。

試合は49分に山口が先制点を奪うが、その2分後に福岡が同点に追いつく。しかし、その後は両者とも得点が奪えず、延長戦に投入。延長戦では103分に福岡が逆転に成功するが、試合終了間際に山口が追いつき、PK戦の末に山口が勝利を収めた。

試合後、2回戦での天皇杯敗退が決まった福岡の井原監督は、PK戦での敗北について「PKというのはしっかり練習もしてきましたし、そういう中での敗戦なので運もあると思いますし、しょうがないと思います」とコメント。それでも「ただ、J2の山口さんに負けたという事実をしっかり受け止めて、もう一度襟を正して、逆に言うと残りのJリーグの7試合にすべてを懸けて、可能性がある限りその1本に集中してやっていかなければいけないと思いますし、次は中2日で川崎戦が控えているので、しっかりとコンディションも整えて、良い準備をしてリーグ戦に気持ちを切り替えていきたいと思います」と今後の戦いに向けて意気込みを語った。Jリーグ公式サイトが伝えている。

福岡は現在、J1リーグ27試合を消化して、年間順位で最下位に沈んでおり、残留圏の15位までは11ポイント差。短い期間でルヴァンカップ、天皇杯と2つ大会から姿を消すことになった福岡だが、リーグ戦では大逆転での残留に向けて勝ち点を積み上げることができるだろうか。次節は10日、敵地で川崎フロンターレと対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/8(木) 10:50

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]