ここから本文です

秋雨前線が停滞 太平洋側で多雨 気象庁1か月予報

ウェザーマップ 9/8(木) 14:43配信

 気象庁は8日、向こう1か月間の天候の予想を発表した。日本の南で高気圧が強い影響で、平均気温は全国的に平年並みか、高くなる見通し。北日本、関東甲信、沖縄では、気温が平年より高くなる確率は50%となっている。

 一方、本州付近に秋雨前線が停滞する影響で、関東甲信から九州にかけての太平洋側でくもりや雨の日が多く、降水量も平年より多くなりそうだ。一方、相次ぐ台風や低気圧の影響で記録的な大雨となった北海道は降水量、日照時間ともに平年並みと予想される。来週は高気圧に覆われて、晴れの日が多い見通し。

最終更新:9/8(木) 14:43

ウェザーマップ