ここから本文です

米菓「とうがらしの種」などで有名、(株)みながわ製菓が経営破綻

東京商工リサーチ 9月8日(木)18時52分配信

 (株)みながわ製菓(TSR企業コード:201001136、法人番号:4110001019446、上越市中田原111、設立昭和29年2月、資本金9500万円、皆川要壱社長、従業員46名)は再度の資金ショートを起こし9月8日、行き詰まりを表面化した。
 負債総額は約13億8900万円(平成27年12月期決算時点)。
 昭和24年9月創業の米菓製造業者。看板商品として「とうがらしの種」、「新潟おかき」などが有名だった。関東を中心に、東北から関西までの食品卸業者や菓子問屋に事業基盤を築き、近年は大手流通業者向けのPB商品も受注していた。
 平成20年12月期には売上高約20億3500万円を計上したが、その後は需要減や競争激化で27年12月期には売上高が約17億1200万円まで低下。利益は原料米や資材価格の高騰などで24年12月期以降は、4期連続で赤字を計上していた。
 このため、人員削減などコスト削減に取り組んできたが、業況は改善せず資金繰りは逼迫。28年8月31日、資金ショートを起こし、9月1日付で取引先に業務終了する旨を通知していた。

東京商工リサーチ

最終更新:9月8日(木)19時6分

東京商工リサーチ