ここから本文です

【MLB】イチロー、通算3021安打で歴代単独26位 連敗脱出に導く今季24度目マルチ

Full-Count 9月8日(木)11時4分配信

初回に三塁打から先制のホーム踏むなど2点を演出、歴代25位のブロックにも「2」

 マーリンズのイチロー外野手は7日(日本時間8日)、本拠地でのフィリーズ戦に「2番・左翼」で2試合ぶりに先発出場。初回に今季4本目の三塁打を放つなど4打数2安打と今季24度目のマルチ安打をマークし、メジャー通算3021安打としてラファエル・パルメイロ(3020安打)を一気に抜いて歴代単独26位に浮上した。イチローの活躍もあり、マーリンズは6-0で快勝して連敗を5で止めた。

イチローは歴代26位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは初回、1死走者なしでヘリクソンのチェンジアップを右翼線へライナーで運んだ。あっという間に加速し、一気に三塁に到達。過去20打数2安打の打率.100と相性が悪かったへリクソンから余裕の“スタンドアップトリプル”。日米通算では118本目のスリーベースで、前日の代打本塁打に続く5試合連続安打とし、その後、プラドの遊ゴロで先制のホームを踏んだ。このヒットで、歴代26位のパルメイロに並ぶ通算3020安打とした。

 2-0となって迎えた3回は無死一塁で中飛。しかし、5回に再び得点に繋がる一打を放つ。無死一、三塁の好機で、バント失敗後に1ボール2ストライクとなってから、へリクソンの速球を痛烈にレフト前に弾き返した。鮮やかな流し打ちで左前打。メジャー通算3021安打でパルメイロを一気に抜き、歴代単独26位に浮上した。

 無死満塁とチャンスを広げたマーリンズは、続くプラドの犠飛で貴重な追加点を奪取。3-0とリードを広げた。イチローは7回の第4打席はニゴロに倒れたが、マーリンズはさらに3点を追加して6-0で快勝。連敗を「5」で止めた。

 8月は67打数14安打の打率.209と数字を落としていたイチローだが、9月に入ってからは27打数9安打の打率.333と、再び状態を上げてきた。この試合が終わった時点での打率.298で、3割回復にも迫っている。また、歴代25位のルー・ブロックは通算3023安打で、イチローは残り2本とした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月8日(木)11時40分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)