ここから本文です

ユヴェントスから得点を奪うのは無理、守るのも無理 インザーギ「チャレンジできるチームはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/8(木) 11:10配信

スクデット争いはすでに決まったか

以前ミランで日本代表MF本田圭佑を指導した経験を持つフィリッポ・インザーギは、今季のセリエAでは優勝争いすら起こらないと見ている。ユヴェントスの戦力が圧倒的だからだ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、インザーギはユヴェントスにチャレンジできるチームはないと主張。アンドレア・バルザッリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、そしてゴールを守るジャンルイジ・ブッフォンの守備陣から得点を奪うのは不可能で、ユヴェントスが最強だとの認識を示した。

「私は今季ユヴェントスにチャレンジできるチームはないと思う。彼らは他と比べても違うレベルだ。3枚のセンターバックにブッフォン、ここからゴールを奪うのはほとんど不可能だよ。そして今彼らはイグアインというトップスコアラーを抱えているからね」

昨季のユヴェントスでも止められるチームは存在しなかったことを考えると、今季は尚更難しいだろう。他クラブは2位を目指して戦うのが妥当なところで、スクデットは無視してリーグ戦を進めていく展開になりそうだ。開幕直後から非常に寂しい考え方だが、ほとんどの指揮官がインザーギと同じ考えを抱いていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/8(木) 11:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報