ここから本文です

ジジ・ハディッドが明かす、ボディへの批判との向き合い方

ELLE ONLINE 9月8日(木)21時19分配信

セクシーで健康的なボディが大人気のジジ・ハディッド。従来のモデルと比べるとふっくらとした彼女の体型、また最近やせたと報じられたことには、批判的な人がいるのも事実。そんなヘイターたちに毅然と立ち向かう彼女の心境とは?

「意図的にボディを変えることは絶対にないわ」

数々のメゾンのランウェイや広告を飾り、『フォーブス』誌の「最も稼いだモデル」ランキングでは5位に輝く、押しも押されぬスーパーモデル、ジジ・ハディッド。もともとは筋肉もしっかりとついていたが、この4年間でかなりスリムになったと報じられている。

それを仕事でのプレッシャーを感じた結果なのか、と訊く人がいるかもしれない。けれど、その答えは「ノー」とジジは断言する。

インスタグラムに、スリムになった彼女のボディに対して批判的なコメントを書き込む人たちに対して「ママが同じ年齢のころ体型が変わったのと同じように、女性の身体は大人になるにつれて常に変わっていくものよ」と訴えた。

「スポーツに打ち込んでいた17歳のころも、今も、いつだって変わらず自分の身体を愛してきたわ」とジジは語る。

幼児体型は卒業したし、高校時代にバレーボールで鍛えた筋肉は、ボクササイズやハードワークによって自然にそぎ落とされ、無駄のない筋肉に変わった。でも意図的に体型を変えることは決してしない、と強調する。

「声をあげることを恐れない!」

彼女は自分自身の食事や生活習慣を制限することもしない。「今でも好きなものを食べるし、全然元気だし、健康そのもの。批判コメントで落ち込むことはないわ」

昨年には、“Body-Shamers”(体型や美に対して強いステレオタイプを持ち、完璧を求めてる人たち)に対して、こんなメッセージも送っている。「そうね、確かに私は大きな胸やお尻、太ももをもっているわ。でもそれに対して特別な扱いを求めてはいないの。あなたたちの意地悪なコメントで私が身体を変えたいと思うことはないわ」

以前「エル」にはこう語っている。「声をあげることを恐れていない。攻撃的だと言う人もいるかもしれないけれど、自分自身のために立ち上がっているのよ。私たちはみんな自分の意見を発信する権利があるのだから!」

自身のSNSを通して世の中のボディイメージを変えようと奮闘しているジジ。モデルとしての活躍はもちろん、固まりきった価値観を変えていく、彼女の行動には今後も要注目だ。

最終更新:9月8日(木)21時19分

ELLE ONLINE