ここから本文です

Apple Payについてわかっていることまとめ

ギズモード・ジャパン 9月8日(木)10時5分配信

しっかりタッチ。

という文字はまぁ、見なかったことにしましょう。ついに日本でもiPhoneやApple WatchによるApple Payが始まります。しかも、Suica対応。

どうやって使うの?どんなカードが使えるの?いつから使えるの?など、現時点でApple Payについてわかっていることをまとめてみました。

Apple Payの使い方

Suicaで改札を通る場合は、iPhone 7、またはApple Watch Series 2を改札機の読み取り部にかざすだけ。アプリを開かなくてもOKです。

店舗では支払う場合は、手段を伝えます。QUICPayかiDで支払う時は、iPhone 7ではTouch IDに指を載せたままiPhoneをリーダーにかざします。Apple Watch Series 2では、サイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざします。

ただし、店舗でもSuicaで支払う時は、デバイスをリーダーにかざすだけで支払い完了。Suica便利ですね!

Apple Payはどこで使えるの?

「Apple Pay」「ID」「QUICPay」「Suica」のマークがある場所で使えます。

例えば…

公式ショップ……AppleStore
ショピングモール……アピタ、イオン
ガソリンスタンド……Express、エネオス
コンビニ……サークルK、サンクス、セブン-イレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン
家電量販店……ビックカメラ、コジマ、ソフマップ
ファッション……ユニクロ
ドラッグストア……マツモトキヨシ
交通……日本交通株式会社

幅広く対応しています。これなら本当にお財布を持ち歩かない日々を迎えられそうです。

また、アプリケーション上やSafariのウェブサイト上の決済にも対応しています。Mac上でショッピングしているときは、iPhoneやApple Watchで支払いすることができるようですよ。

Suicaを使うには?

iPhone 7をSuicaの上に乗せるとSuicaの残額や定期券の情報がiPhoneに転送されます。Suicaカードはもう持ち歩かなくてもOK。Suicaカードを持っていない場合は、Suicaアプリの中でApple Payと一緒に使えるSuicaを作成できるみたい。

Suicaへのチャージは、設定したクレジットカードを使ってWalletからSuicaにチャージできるようです。定期券の更新もOKで、券売機やコンビニでのチャージは不要になりますね。

1/2ページ

最終更新:9月8日(木)10時5分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]