ここから本文です

なぜ中国で人気に?元セクシー女優・蒼井そら、活躍の理由

AbemaTIMES 9月7日(水)16時50分配信

(C)AbemaTV

2015年、新聞通信調査会によりある1つのアンケートが中国で実施された。お題は「中国で知られている日本人」。そのランキングにて上位を占めたのは日本でも大人気の芸能人や日中関係の真っ只中にいる安倍晋三総理大臣など。しかしながらランキング第3位につけたのは驚きの人物。かつて日本のAV業界で活躍した元セクシー女優・蒼井そら(32)である。

その中国での人気ぶりは、中国人男性(20)が「一般的に男性でほぼ知らない人はいない」と述べるほど。また中国人女性(27)も「女性から見ても蒼井さんはきれいな人だと思う」と決して男性の人気にとどまらない。


蒼井そらに関する驚きのエピソードをいくつか紹介しよう。

2012年9月に中国で行われた日本の尖閣諸島国有化に反対するデモにおいて「尖閣諸島は我々中国人のもの、蒼井そらはみんなのもの」と書かれた幕を持って行進したというのだ。また同様のメッセージは、サッカーAFCチャオンピオンズリーグにて中国・広州恒大と日本の柏レイソルが対戦した際も掲揚された。

さらにかつて南昌国際モーターショーに出演した際には、中国各地から数千人規模という驚異的な多さのファンが集まり、会場の通路も人で溢れかえる混乱ぶりから5分も出演しないうちにステージを下りることとなった。

さて、日中関係に混乱が渦巻く今日、一体なぜ彼女は中国でこれほどまでに絶大な人気を誇るのだろうか。

その理由について、本人は「流行りに乗っかれたなと思う」と語る。中国でちょうどインターネットが流行った際、中国版ツイッターを開始するとトントン拍子でフォロワーは増加。現在の中国版ツイッターでの彼女のフォロワー数は優に1000万人を突破。日本版ツイッターで最もフォロワー数が多いのがタレントの有吉弘行(42)で、その数590万人であることから、いかに爆発的な人気を誇っているかが分かる。

現在、彼女は北京に住んでおり、日本と中国を半々で生活している。中国での生活について「不自由な生活で、外に出る時も顔を隠している」と明かし、「1人では出歩けなくてあまり友達もいない」とあまりの人気ぶりに不自由さがあることも明かした。

さらに、日本人男性と中国人男性の違いについては「(私は)中国人男性の方が好き。あまり変わらないが、(中国人男性の方が)親身になって対応してくれる」と赤裸々に語っている。

気になる今後について彼女は、「今後は日本でも活動していきたい」としている。

政治的関係が冷えた日中関係。意外な人物が両国の架け橋になるのかもしれない。

最終更新:9月7日(水)16時50分

AbemaTIMES