ここから本文です

施錠された金庫の現金紛失…災害時用に保管 川越地区消防局が被害届

埼玉新聞 9/8(木) 23:47配信

 埼玉県の川越地区消防局は8日、災害時の緊急車両に使う燃料費として金庫に保管していた現金50万円のうち、30万円を紛失したと発表した。

 同局によると、1日午後2時ごろ、同局警防課が所有している金属製手提げ金庫内の保管状況を確認するため、担当職員が金庫を確認。給油用のクレジットカードはあったが、現金は50万円のうち20万円しかないことに気付いた。その後、金庫があるロッカーや事務室内を捜索したが、発見できなかったという。

 金庫を確認した際、金庫は鍵がかかっている状態。同課員なら、誰でも鍵を開けることはできる。同局は川越署に被害届を提出した。

 同局は「住民の皆さまの安心安全を守る立場である消防の組織として、あってはならない事故で誠に遺憾。今後このようなことがないよう再発防止に努めていきたい」としている。

最終更新:9/8(木) 23:47

埼玉新聞