ここから本文です

ヴェンゲルの後任にふさわしいのは彼しかいない パーラー氏「彼がプレミアで腕試しをすると確信してる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/8(木) 14:50配信

また名将がプレミアリーグへ?

現指揮官アーセン・ヴェンゲルとの契約が今季限りとなっているアーセナルは、後任候補としてボーンマスのエディ・ハウをリストアップしていると言われている。

ハウはボーンマスでポゼッションをベースとしたサッカーにトライしており、それはヴェンゲルがアーセナルに植え付けたものと似ている部分もある。しかし、かつてアーセナルで300試合以上に出場したレイ・パーラー氏は、まだハウに託すのは早いと考えている。

英『TalkSport』によると、パーラー氏は青年監督ハウの手腕を評価しているものの、現時点ではまだ早いとコメント。ヴェンゲルの後任にふさわしい指揮官として世界中から評価されるアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネを挙げた。

「ハウはボーンマスで素晴らしい仕事をしているし、将来アーセナルの指揮官になるかもしれない。でも、今は少しばかり早すぎると思う」

「シメオネがリーガから離れたいと思っているのかは知らない。だが、私は彼がプレミアリーグで腕試しをしたがると確信している。グアルディオラ、モウリーニョ、クロップのようにね。もし今季終了後にアーセナルが指揮官を代えるなら、シメオネは筆頭候補になるよ」

シメオネは複数クラブが狙っている指揮官で、ハウに比べれば経験値は十分すぎる。ヴェンゲルのスタイルとは全く違うサッカーをアトレティコ・マドリードでは見せているが、シメオネであればアーセナルでも一定の結果は残せるはずだ。

果たしてアーセナルはヴェンゲルの後任に誰を据えるのか。仮にシメオネが来ればプレミアリーグはとんでもない名将揃いのリーグとなり そうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/8(木) 14:50

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革