ここから本文です

【MLB】上原復帰に現地も沸く「コウジ復活!」「あのイニングは最高だった」

Full-Count 9月8日(木)17時5分配信

パドレス戦で約2か月ぶり登板、ファンも「コウジは最高だった」

 7日(日本時間8日)の敵地パドレス戦で約2か月ぶりに登板し、1回無安打2奪三振と完璧な投球を見せたレッドソックスの上原浩治投手。7-2の勝利に貢献したベテラン右腕の好投に現地も沸いている。

上原浩治のNPB・MLBでの年度別通算成績

 上原は7月19日のジャイアンツ戦でアクシデントに襲われて緊急降板。右胸筋により長期離脱となり、今月5日(同6日)に故障者リスト(DL)から復帰した。

 そしてこの日は4点リードの8回に先発プライスの後を受けて登板。するとMLB公式サイトのイアン・ブラウン記者は「コウジ・タイム」とツイートし、右腕の復活のマウンドを盛り上げた。

 先頭のジェイ、続くウォレスを連続で空振り三振に仕留めると、最後のマイヤーズも打ち取った。直後、レッドソックスの公式ツイッターは「コウジが復活! そして、3者凡退の活躍!」と速報。「コウジはあのイニングで最高だった。まさにレッドソックスが求めているもの。本当に復活することを願う」「キンブレルよりもいい」と反応するファンもいた。

 一方、地元紙ボストン・グローブのピート・エイブラハム記者も自身のツイッターで「7月19日以来の登場。コウジ・ウエハラは2三振を含む、3者凡退に。ウエハラは(終盤戦で)重要な要素となり得る」とレポートしている。

 この日の勝利でレッドソックスは78勝61敗でブルージェイズを上回り、ア・リーグ東地区単独首位に立った。2013年のワールドシリーズ制覇に守護神として貢献した上原の復帰に、ボストンは沸いているようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月8日(木)17時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]