ここから本文です

日本の新幹線は、海外で売れているのか?

AbemaTIMES 9/7(水) 17:25配信

(C)AbemaTV

新幹線や高速鉄道を作ろうとしている国は現在14ヶ国にのぼる。しかし、他の国に高速鉄道技術を売れるのはヨーロッパと中国、そして日本のみ。初めて日本の高速鉄道技術が売れたのは台湾である。台湾大地震が起きた時に、安全性の高い日本の新幹線が評価されたのが売れた理由であるという。

日本はより多くの国に新幹線を売り出していこうとしたのだが、その後日本の技術が有力視されているのは唯一インドのみであった。 韓国での鉄道計画は反日感情に押されて中止される。アメリカではアメリカの財政赤字の問題により計画は白紙に。順調だったインドネシアでさえ、政府の方針を転換して中国に市場を奪われる結果となった。

意外なことに、新幹線発祥の地である日本の新幹線は、そこまで海外に売れてはいない。

最終更新:9/7(水) 17:25

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。