ここから本文です

社会に出るまで自覚する事が難しい?「発達障害」とは

AbemaTIMES 9月7日(水)17時30分配信

(C)AbemaTV

最近「発達障害」という言葉はメディアでもよく取り上げられるようになり、一般に知られるようになった。しかし、一口に「発達障害」といっても、全てに共通する脳の障害があるわけではなく、障害の種類は多く存在し、その状態は様々である。

その「発達障害」には大きく分けて3つの種類がある。

1自閉症やアスペルガー症候群といった、コミュニケーション能力や対人関係、社会性に関連する発達障害である「広汎性発達障害」。

2集中できない、じっとしていられない、衝動的な行動をしてしまうといった、注意力が低い発達障害である「注意欠陥多動性障害(ADHD)」。

3一般的な知的発達に遅れはないのに、聞く、話す、読む、書く、計算する、といった特定の能力を学んだり、行ったりすることが困難な状態である「学習障害(LD)」。

最終更新:9月7日(水)17時30分

AbemaTIMES