ここから本文です

「不甲斐ない部分があったが……」ドルト香川、代表戦を反省しつつリーグ戦へ気持ちを切り替える

theWORLD(ザ・ワールド) 9/8(木) 16:40配信

10月の代表に向けて

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、先日1勝1敗で終えたロシアW杯アジア最終予選の2試合を振り返った。

8日、ドルトムントのトレーニング終了後に自身のブログを更新した香川は「代表戦を終えて」というタイトルで次のように思いを綴った。

「日本代表での2試合、応援ありがとうございました。自分としても悔しい思いや自分に対して不甲斐ない部分があったのも事実ですが、前を向いて進んでいかないといけません。10月の代表戦に向け、個人として、そしてチームとして一つになり前に進むためにも、この一ヶ月チームであるドルトムントで集中する事。そして週末にはすぐ試合があります。個人としての結果、チームの勝利の為にも常に全力で準備をしていきたいと思います」

ひとまず代表からドルトムントへ切り替え、10月の代表戦に向けてチームで結果を残すと意気込みを綴った香川。14日からはチャンピオンズリーグのグループステージも始まり、過密日程が続く。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/8(木) 16:40

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]