ここから本文です

iPhone 7&7 Plusのカメラ機能が大幅アップ! iPhone 7 Plusはデュアルレンズだ

ギズモード・ジャパン 9/8(木) 10:14配信

カメラ機能が豊富すぎる。

iPhone 7のカメラ性能がわかりました。背面カメラは、1200万画素、光学手ブレ補正付き。レンズ構成は6枚で、CMOSセンサーの処理は60%高速化されています。

レンズの隣にあるLEDランプは50%明るさアップ。全体の処理能力も大幅アップしています。

そして、RAW形式での撮影にも対応。もちろん、LivePhotoにも対応しています。

Facetimeカメラは700万画素となっています。より高画質な自撮りができますね。

さてさて、iPhone 7 Plusのほうですが、こちらはデュアルレンズとなっています。それぞれのレンズは、広角と望遠となっています。

そして撮影時に、2つのレンズを利用して2倍の光学ズームを実現。デジタルズームなら最大10倍までズームできます。

そのほか、Sneak Peak機能を搭載。ポートレートモードを選択して撮影すると、人物の顔を自動的に認識し、望遠側レンズで撮影。そして背景をボケさせて人物を浮かび上がらせることができます。

コンデジどころか、デジタル一眼カメラすら凌駕しそう。うーん、iPhone 7 Plusが欲しくなってきたぞ……。

(三浦一紀)

最終更新:9/8(木) 10:14

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。