ここから本文です

前哨戦優勝のプリスコバがコニュを退けて初の準決勝へ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月8日(木)21時1分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、第10シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が18歳のアナ・コニュ(クロアチア)を、わずか57分のうちに6-2 6-2で下し、初のグランドスラム大会ベスト4に進出した。

プリスコバが18歳のコニュを57分で退けベスト4進出 [全米オープン]

 第6シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を倒した4回戦で、マッチポイントをしのいでいたプリスコバは、前哨戦のシンシナティ優勝によるブレイクと、このところの10連勝の勢いに乗って、ついに準決勝にたどりついた。

 その準決勝で対戦するのはビーナスの妹セレナとなった。第1シードのセレナは第5シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6-2 4-6 6-3のフルセットで破って勝ち上がった。

 プリスコバはシンシナティの決勝で、今大会の第2シード、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)も倒している。

 全米オープンに先立ち、プリスコバは、WTAランキングのトップ20の中で、グランドスラム大会で一度も3回戦を超えたことのない唯一の選手だった。しかし今、彼女はコニュを下し、ついにその段階を超えたのだ。

「正直、それがいつ来ようと気にしないわ」とプリスコバ。「私はただ、それが今で、ついに来たということをうれしく思っているの」。

 プリスコバは第1セットの自分のサービスゲームでは、わずか1ポイントしか落とさず、一度も相手にブレークポイントを与えなかった。

「彼女のサービスはよすぎたわ」とコニュは脱帽した。

 プリスコバは、世界ランク92位のティーンエイジャー、コニュのサービスを試合の最初のゲームで破り、最初から相手を劣勢に追い込んだ。

「私はとても落ち着いて、攻撃をしかけていた」とプリスコバは振り返る。

 身長186cmのプリスコバは、今季の女子ツアーで最多のサービスエース数を誇る。もっとも彼女は、その武器でこの試合を支配したわけではなかった。やはりビッグサーバーであるコニュは、実際この試合で、プリスコバより多くのサービスエースを決めている(コニュが4本でプリスコバが3本)。

 しかしコニュは、打ったファーストサービスの半分を入れることができたにすぎず、4本のダブルフォールトと、27本のアンフォーストエラーをおかして、4度サービスをブレークされた。

 コニュは、この全米オープンから大いに勢いを得ることができるだろう。故障に苦しんだ期待外れのシーズンのあと、今、彼女のランキングはキャリア最高の51位に浮上することが予想されている。彼女はこの全米の前に、グランドスラム大会で3回戦を超えたことはなかったが、今回、4回戦で第4シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を倒し、初めてトップ10選手に対する勝利も挙げた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 5: Karolina Pliskova of Czech Republic in action during day 8 of the 2016 US Open at USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 5, 2016 in New York City. (Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

最終更新:9月8日(木)21時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。