ここから本文です

【女子野球W杯】マドンナジャパン、5回コールドで台湾下し5連勝 川端が先制打&笹沼が8K

Full-Count 9/8(木) 21:08配信

先発の笹沼が4回途中8Kの快投、5連覇へ向けてW杯18連勝

 野球女子日本代表「マドンナジャパン」は8日、「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」(韓国・釜山)のスーパーラウンド(SR)第2戦で台湾を10-0の5回コールドで下し、5連勝を飾った。先発の笹沼が3回2/3で8三振を奪う快投。打線では川端が先制打を放つと、六角が3打点を挙げるなど着実に得点を重ねた。これで2012年からW杯18連勝。5連覇へ向けて、開幕から負けなしで前進を続けている。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 日本の先発は左腕・笹沼。初回は2連続三振の後にレフト前ヒットを許すも、続く打者は見逃し三振。アウトを全て三振で奪う立ち上がりとなった。

 その裏、日本は先頭の六角が相手二塁手のエラーで出塁すると、厚ヶ瀬がきっちりバントで送る。三浦は左飛に倒れたものの、続く川端が鮮やかなレフト前ヒット。先制に成功した。

 2回は笹沼が1死一、二塁のピンチを背負うも、2者連続三振で無失点。すると、その裏に打線が再びチャンスを作る。先頭の小島が左中間への二塁打を放ち、船越がバント、志村が四球で1死一、三塁。ここで六角が投前へスクイズ。小島が相手のタッチをかいくぐって生還し、2点目を奪った。さらに、厚ヶ瀬のニゴロの間にもう1点追加し、3-0とリードを広げた。

 3回には1死一、三塁で小島がスクイズを決め、2死一、二塁では志村のタイムリーでもう1点。さらに、六角の2点タイムリーも飛び出し、一挙4点を加えた。

 4回、笹沼は先頭から2連続三振を奪ったところで、お役御免。3回2/3を投げて1安打3四死球。三振8つを奪う好投だった。2番手でマウンドに上がった田中は続く打者を三振に仕留め、台湾はこの試合初めての3者凡退となった。

 田中は続く5回も好投。2死から右前に運ばれたが、前進してきた長池の好返球でライトゴロ。3者凡退に仕留めた。

 その裏、1死一、二塁から三浦がライトオーバーの2点ツーベース。さらに、1死満塁で石田が痛烈なタイムリーを放ち、10-0として試合を決めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/8(木) 21:18

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。