ここから本文です

18歳の清水綾乃、16歳の荒川晴菜が4強入り [京都/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/8(木) 23:06配信

「WOMEN'S CIRCUIT GS YUASA OPEN」(京都府・ハンナリーズアリーナ:京都市体育館/本戦9月6~10日/賞金総額1万ドル/室内カーペットコート)の本戦3日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

村松千裕が荒川晴菜との“同士討ち“を制して優勝 [全日本ジュニアU18/女子]

 シングルスでは第2シードの宮村美紀(フリー)、第3シードの久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)、第8シードで18歳の清水綾乃(高崎テニスクラブ)、予選から勝ち上がってきた16歳の荒川晴菜(吉田記念テニス研修センター)の4人が準決勝に駒を進めた。

 ダブルスは、第1シードの藤原里華(北日本物産)/宮村、馬場早莉/酒井優理子(ともにフリー)、長谷川梨紗(ブレグランス)/山本みどり(アムテック)、梶谷桜舞/西本恵(ともに島津製作所)が勝ち上がり、ベスト4が出揃った。

 9月9日(金)は11時00分からシングルス準決勝2試合、14時00分以降にダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【シングルス準々決勝】

○3荒川晴菜(吉田記念テニス研修センター)[Q] 6-1 6-2 ●6渡邉廣乃(サントピアテニスクラブ)

○9久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)[3] 0-6 6-3 7-5 ●14藤原里華(北日本物産)

○17清水綾乃(高崎テニスクラブ)[8] 7-6(4) 6-1 ●24吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)[4]

○32宮村美紀(フリー)[2] 5-7 6-2 7-5 ●27馬場早莉(フリー)

--------------------

【ダブルス準々決勝】

○1藤原里華/宮村美紀(北日本物産/フリー)[1] 6-4 6-3 ●3荒川晴菜/坂田季美佳(吉田記念テニス研修センター/山梨学院大学)[WC]

○7梶谷桜舞/西本恵(島津製作所)6-1 6-0 ●6長船香菜子/杉原里沙子(テニスユニバース/山の手倶楽部アーリーズ)[Q]

○11長谷川梨紗/山本みどり(ブレグランス/アムテック)6-0 6-3 ●9今村咲/西尾萌々子(京都東山テニスクラブ/パブリックテニス洛西)[WC]

○14馬場早莉/酒井優理子(フリー)1-6 6-2 [10-5] ●16小関みちか/西郷幸奈(フリー/総武グリーンテニスクラブ)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/8(木) 23:06

THE TENNIS DAILY