ここから本文です

190超えは当たり前 マンUの“ビッグマン“らにデ・ヘア「トンネルで後ろを見た時、ポグバ、イブラ……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月8日(木)17時10分配信

デカすぎるマンUの選手たち

今夏マンチェスター・ユナイテッドはポール・ポグバ、ズラタン・イブラヒモビッチとワールドクラスの選手を獲得したが、驚くのは彼らの能力だけではない。相手に威圧感を与える圧倒的なそのサイズも目を引くポイントだ。

同じく今夏に加入したDFエリック・バイリーも187cmとサイズがある。バイリーはイブラヒモビッチらに比べると知名度に欠けるが、すでに不動のセンターバックとしてチームに上手く溶け込んでいる。

英『Daily Mail』によると、GKダビド・デ・ヘアはバイリーのスピードやテクニックを称賛するとともに、バイリーを含め新加入選手の身長が異様に高いことに驚いていることを明かした。

「バイリーはフィジカルが強いし、テクニックにも自信がある。そして異常に速いんだ。彼は少し英語を話すけど、僕たちのロッカールームにはスペイン人選手も多いからね。そして彼は何より大きい。トンネルで後ろを見たとき、ポグバ、イブラヒモビッチと並んで新しくやってきたビッグマンなんだと感じるね」

バイリーも187cmと十分に高いが、ポグバは191cm、イブラヒモビッチは195cmだ。新加入選手ではないが、マルアン・フェライニも194cmと190超えがズラリと揃う。セットプレイでは相手チームにとって脅威となることだろう。

イングランドではフィジカルを前面に押し出したチームが好まれる傾向にあるが、高さとパワーを活かして強引に相手を押し込んでいくマンUのスタイルはその好みにピッタリと言えるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月8日(木)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。