ここから本文です

浦和レッズ梅崎、シーズン中の復帰は不可能 左膝前十字じん帯損傷で全治6ヶ月の見込み

theWORLD(ザ・ワールド) 9月8日(木)18時53分配信

痛手となる長期離脱

浦和レッズは8日、YBCルヴァンカップ準々決勝ヴィッセル神戸戦で負傷した梅崎司が左膝前十字靭帯損傷の手術を行ったことを発表した。

長期離脱は避けられない見通しだったが、クラブの公式サイトは全治約6ヵ月の見込みだと伝えている。梅崎は2009年に反対足の右膝じん帯損傷を経験。復帰後も2011年まで度重なる負傷に悩まされていた。苦しい時期を乗り越えて以降、怪我もなくプレイしていたが、浦和にとって痛手となる長期離脱となってしまった。

浦和レッズはYBCルヴァンカップでもベスト4に進出する成績を残し、明治安田生命J1リーグ2ndステージで2位につけ、次節ホーム埼玉スタジアムでサガン鳥栖と対戦する予定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月8日(木)18時53分

theWORLD(ザ・ワールド)