ここから本文です

大迫の“3年目”は半端ない活躍が約束されている!? 高校時代は最多得点記録更新、鹿島では初のMVP受賞

theWORLD(ザ・ワールド) 9月8日(木)19時30分配信

ケルンでの3年目に挑む大迫

2016-17シーズン、ケルンにて3年目のシーズンを過ごすFW大迫勇也だが、今季はブンデスリーガでの大爆発に期待が高まる。というのも、大迫はこれまで在籍したチームで必ず“3年目”に印象的なパフォーマンスを披露しているからだ。

2014年の夏からケルンに加入した大迫は、1年目こそ2トップの一角としてシーズン28試合に出場を果たすも、得点数は3点と、ストライカーとしては物足りない結果。昨季は本職ではないサイドハーフやトップ下での起用されることが増え、ロングボールを多用するケルンにおいて存在感を発揮することができず、得点も開幕戦で記録した1点のみに留まった。しかし、大迫がこれまで築き上げてきた実績を見れば、今季こそ得点の量産を期待せずにはいられない。

・鹿児島城西高等学校での3年時

当時18歳の大迫は、プリンスリーグU-18九州1部において8試合で10得点を挙げる活躍で同校の優勝に貢献すると、秋の高校サッカー選手権鹿児島県大会でも5試合で11得点を記録し、全国大会への切符を獲得。12月下旬に幕が上がった全国大会では、初戦から4試合連続2得点という偉業を成し遂げ、2016年になった現在でも全国高校サッカー選手権の最多得点記録保持者となっている。また、同大会ではアシストも多く記録しており、チームは惜しくも準優勝に終わったが、大迫は10得点10アシストというまさに“半端ない”数字を叩き出した。

・鹿島アントラーズでの3年目

鹿児島城西高校を卒業後、国内最多タイトル数を誇る鹿島に加入した大迫は1年目から公式戦で6得点を挙げると、2年目は8得点、3年目はキャリアハイとなる10得点をマーク。ヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)では決勝トーナメント全3試合で重要なゴールを決めており、浦和レッズとの決勝戦では延長戦に決勝点を記録し、同大会のMVPにも選出されるなど飛躍の年となった。

ケルンでは未だ満足のいく結果が残せていない大迫だが、これまでのキャリア同様、3年目となる今季こそ大爆発となるだろうか。2016-17シーズンの初陣となったポカール1回戦では短い出場時間で2得点を決め、ブンデスリーガの開幕戦でも“ストライカー”として出場を果たした大迫から今季は目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月8日(木)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]