ここから本文です

「彼はどこでも勝者。ネイマールやスアレスと同等の存在だ」 ザンブロッタ氏が絶賛する怪物ストライカーは

theWORLD(ザ・ワールド) 9月8日(木)22時30分配信

まだまだトップレベルを維持

バルセロナFWルイス・スアレス、ネイマール、レアル・マドリードFWガレス・ベイルなどリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの牙城を崩さんとする選手が出てきているが、まだ忘れてはならないのが35歳になったマンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチだ。

英『Daily Mail』によると、かつてミランなどでイブラヒモビッチとともにプレイした経験を持つ元イタリア代表のジャンルカ・ザンブロッタ氏は、イブラヒモビッチとネイマールらが同等のレベルにあると主張。35歳になった今でも世界のベストプレイヤーだと強調した。

「ズラタンはどこでも上手くやっている。どこへ行っても彼は勝者なんだよ。現時点でも彼はスアレスやネイマールのようなベストプレイヤーと同等の存在だよ。私は彼と2度一緒にプレイしたけど、彼はプロフェッショナルだし、高いモチベーションを維持している。私は常に彼を気に入っているよ」

イブラヒモビッチはマンU加入後もハイパフォーマンスを維持しており、ザンブロッタ氏の言葉通りマンUでもイブラヒモビッチは結果を出している。英『sky SPORTS』は10日におこなわれるマンチェスター・シティとのダービーマッチで、マンチェスター・シティDFジョン・ストーンズがイブラヒモビッチを抑え込めるかがカギになると伝えているが、まだまだ世界のベストに近い位置にいるイブラヒモビッチはダービーでも暴れてくれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月8日(木)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。