ここから本文です

メキシコ財務相が辞任、トランプ氏訪問が原因か=関係者

ウォール・ストリート・ジャーナル 9月8日(木)8時27分配信

 【メキシコ市】メキシコのビデガライ財務公債相が辞任した。後任にはミード社会開発相が就く。事情を知る関係者が明らかにした。

 1週間前には米共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏がメキシコを訪問したばかり。この訪問はペニャニエト大統領に対する侮辱と解釈する向きが多い。

 複数の国内メディアは、トランプ氏招待を提案したのはビデガライ財務相だったと伝えた。ただ、ペニャニエト大統領はその後、招待は自身の決断だったと主張した。

 ミード氏はカルデロン前大統領の任期の後半に財務相を経験したほか、エネルギー相や外相も歴任した。

By DAVID LUHNOW

最終更新:9月8日(木)8時32分

ウォール・ストリート・ジャーナル