ここから本文です

新型iPhone、買い替え需要を喚起するか

ウォール・ストリート・ジャーナル 9月8日(木)9時12分配信

 
米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の新機種は、同製品に必要な輝きをもたらしている。

 今後、こうした輝きが助けになることが分かるはずだ。7日に発表された「iPhone7」は、過去の大規模なアップデートほど設計面で大きな変更はない。しかし、バッテリー寿命の延長とともに、耐水性や黒い光沢のあるフレームなど必要な改良が加えられている。

 アップルの膨大な顧客が、今買い替えるべきか、それとももう少し後まで待つべきか思案している中、今回の改良は役に立つかもしれない。アップルは、iPhoneが来年、発売10周年を迎えるのに合わせて、より大幅な性能向上に取り組んでいるとみられている。顧客基盤の中では、保有機種が発売から少なくとも2年経っている人の割合が増えている。カウエンのティモシー・アークリ氏によると、この割合は来年秋までに44%に達すると予想されている。

 同じスマホを2年以上、使い続けるのは長いと言える。だがここ数年、人為的に価格を安く見せていた携帯電話サービス会社の補助金がなくなったことで、スマホには割高感が出ている。そのため、多くの顧客が買い替えを1年先延ばしにすることを選ぶかもしれない。これはすでにウォール街の予想に織り込まれており、アップルの来年度のiPhone販売台数は5%増にとどまるとみられている。

 だが、飽和気味の高性能スマホ市場ではちりも積もれば山となる。iPhone7は十分魅力的に見えるため、来年まで待たないことにしたユーザーがだまされたと感じることはないはずだ。

 アップルの顧客、そして投資家もその考えに納得するだろう。

By DAN GALLAGHER

最終更新:9月8日(木)12時2分

ウォール・ストリート・ジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]