ここから本文です

堺・ハーベストにカピバラ赤ちゃん誕生

Lmaga.jp 9月8日(木)15時0分配信

大阪府堺市の農村型観光施設「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」(堺市南区)で8月18日にカピバラの赤ちゃんが誕生。9月1日より、園内の「カピバラハウス」で一般公開がスタートした。

3匹の赤ちゃんが生まれ、にぎやかになったカピバラの「のんちゃんファミリー」。カピバラは生後1週間ほどで草も食べるようになるが、1年以上は母乳を飲み続けるだけに、先に生まれた兄弟たちと3匹の赤ちゃんによるお乳の争奪戦が見られるとのこと。現在、名前はまだなく、今後公募によって命名される予定となっている。

同施設では、土日祝に「カピバラふれあいタイム」を開催(赤ちゃんは環境に慣れるまで不可)。入場料は中学生以上900円、4歳~小学生500円、3歳以下無料(11月まで)。

最終更新:9月8日(木)15時0分

Lmaga.jp

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。