ここから本文です

安倍首相、朴大統領に少女像撤去を要求

ハンギョレ新聞 9月8日(木)6時47分配信

共同通信「首脳会談で12・28合意の少女像撤去に言及」 大統領府は「朴大統領は少女像について言及せず」

 日本の安倍晋三首相が朴槿恵(パククネ)大統領との7日の首脳会談で、少女像の撤去を事実上要求したと伝えられた。

 共同通信はこの日、ラオスの首都ビエンチャンで開かれた朴大統領との会談で、安倍首相が慰安婦問題の解決に向けた韓日両国政府の合意と関連し「(12・28)合意にはソウルの日本大使館前の慰安婦被害を象徴する少女像の撤去が含まれるという認識を伝え、『合意の着実な実施に向けて努力するようお願いしたい』と要求した」と報道した。通信によると、安倍首相は韓国が設立した慰安婦被害者支援財団に10億円(約107億5000万ウォン)の入金を完了したことなど、日本の対応を説明したうえで、このような意思を示した。つまり12・28合意によって日本側は「10億円」の約束を守ったので、今度は韓国の番(少女像撤去)であるという意味と読める。しかし、安倍首相が具体的にどのような用語で少女像に関する立場と要求を明らかにしたのかははっきりしていない。

 大統領府関係者はこの日、「安倍首相は少女像について言及したのか」という記者団の質問には明確な言及を避け「(報道内容を)確認することは適切でないようだ」と話した。同関係者は「朴大統領の答えはどうだったか」との質問には「朴大統領は少女像について言及せず、『12・28合意の誠実な履行によって両国関係を未来志向的に発展させていくことを願う』という趣旨の言及があったものと聞いている」と伝えた。

 安倍首相はこの日の会談で、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期締結を念頭に置き、「日韓、日米韓の防衛協力の強化が必要不可欠だ」と強調したと同通信は伝えた。朴大統領は今年11月末~12月初めに東京で開かれる予定の韓中日首脳会談に合わせ日本を訪問することを要請されると、「またお目にかかれることを期待している」と答えたと伝えられている。

ビエンチャン(ラオス)/チェ・ヘジョン記者、東京/キル・ユンヒョン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

最終更新:9月8日(木)8時58分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。