ここから本文です

今注目のシンガーソングライターiri、10月リリースの1stAL詳細発表&リリースパーティ開催

Billboard Japan 9月8日(木)12時40分配信

 デビュー前から、サーフミュージック界の雄ドノヴァン・フランケンレーターのライブオープニングアクトを務め、OCEAN PEOPLESやサマーソニックに出演するなど注目度が高まる女性アーティストiri。10月26日にリリースされる1stアルバム『Groove it』の詳細、ジャケット写真、アーティスト写真、そしてリリースパーティーの開催が発表された。

 iriは、神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗JAZZ BARで弾き語りのライブ活動を始め、2014年、雑誌「NYLON JAPAN」と「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開する。

 デビューとなる10月26日にリリースされる1stアルバム『Groove it』にはライブではすでにお馴染みの「rhythm」、「ナイトグルーヴ」など全9曲が収録。作詞・作曲は全曲iriが手がけ、トラックメーカーには、水曜日のカンパネラの「ナポレオン」を手がけた平成生まれの新進トラックメーカーチームである Tokyo Recordings、Awesome City ClubやChara、大橋トリオなどをてがけるmabanua、水曜日のカンパネラのメンバーであるケンモチヒデフミ、全国各地ベースミュージックシーンを中心に活動する不特定多数のヒップホップ集団RAPBRAINSのDatakestra & ITLなどが参加。

 洗練された都会的なビートに、メロディアスなヴォーカルが絡む「rhythm」や、2016年なシンセサウンドにシティポップを感じる「ナイトグルーヴ」、情緒溢れるアーバンなダンストラックの「半疑じゃない」、アンビエントでチルウェイブ的サウンドに恋愛感情を描写した「フェイバリット女子」など、作品全体を通じてリヴァービーなヴォーカルで独特の符割りと洗練されたサウンドがリスナーを魅了するアルバムが完成した。

 また、リリースパーティーが2月16日渋谷WWWにて行われることも発表された。ライブでは、ドラム&DJとのスリーピースや時に弾き語りなど、様々なスタイルでオーディエンスを魅了してきたiriのリリースパーティにも期待だ。

◎リリース情報
1stアルバム『Groove it』
2016/10/26 Release 
VICL-64655  2,700円(税抜)
初回生産分のみ紙ジャケット仕様
(収録曲)
rhythm     作詞・作曲:iri 編曲:Yaffle(Tokyo Recordings)
ナイトグルーヴ 作詞・作曲:iri 編曲:mabanua
半疑じゃない 作詞・作曲:iri 編曲:YOSA(OMAKE CLUB)
フェイバリット女子 作詞・作曲:iri 編曲:ケンモチヒデフミ
を含む全9曲収録予定

◎リリース・イベント情報
【iri 1st ALBUM “Groove it” Release Party】
2017年2月16日(木) 渋谷WWW
開場18:30 /開演19:30
オールスタンディング ¥3,000-(前売り/税込・1Drink別)

◎公演情報
2016年
9月14日(水) Singto Numchok Japan Tour 2016 @ 新宿MARZ
10月9日(日) island music party 2016 @ 江の島展望台シーサイドキャンドルステージ
10月10日(祝・月) FM802 MINAMI WHEEL 2016 @ 大阪 ミナミエリア ライブハウス20か所以上

More info:http://iriofficial.com/

最終更新:9月8日(木)12時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。