ここから本文です

小関裕太、『曇天に笑う』映画オリジナルキャラクターで出演!2丁拳銃操る“犲”隊員役

クランクイン! 9/8(木) 10:52配信

 累計120万部を誇る大ヒットコミックスを、福士蒼汰を主演に迎え実写化する映画『曇天に笑う』(2017年全国公開)の新キャストに、「犲(やまいぬ)」の隊員である映画オリジナルキャラクター・永山蓮役として、小関裕太の出演が発表された。

【関連】「小関裕太」フォトギャラリー


 本作は、明治維新後の滋賀県・大津にて、300年に一度災いをもたらすという大蛇(オロチ)復活を阻止するために立ち上がった曇家(くもうけ)長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟が、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲と、忍者集団・風魔一族らと対峙する姿を描く。

 本作の監督は『踊る大捜査線』シリーズなどを手掛けた本広克行。キャストには曇天三兄弟の長男・天火役を福士、次男・空丸役を中山優馬、三男・宙太郎役を若山耀人が務める。また「犲」のチームリーダー・安倍蒼世を古川雄輝、副隊長・鷹峯誠一郎を大東俊介、曇天火の親友・金城白子を桐山漣が演じることが決定している。

 小関が演じる「犲」の隊員・永山蓮は、唯一映画オリジナルキャラクターとして登場する役柄で、曇天火と安倍蒼世の幼なじみであり、2人と友好的な関係を持つ。2丁拳銃を得意とし、人懐っこい性格で、チームではアイドル的な存在となっている。小関は本作品で、初の本格的時代劇に挑む。

 今回小関はオリジナルキャラクターという難しさに苦労しながらも「監督をはじめとするスタッフの方々からヒントを得ながら『ムフッ』と笑う強気なキャラクターが生まれました」と現場でスタッフ陣とともに試行錯誤した様子を語る。

 「犲」のメンバーと共に過ごした時間について「とても濃くて宿泊場でも待機場所でも、もちろん撮影現場でも和気藹々とさせていただきました!」と充実感を見せている。さらにアクションに関しては「刀とは全く別の動きだったのでなかなかの苦戦具合でしたが、銃口から火炎を放ちながら気持ちよくできました。撮影が終わった今、もっとスキルアップしたいと思います」と今後へのさらなる意気込みを見せている。

最終更新:9/8(木) 12:52

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革