ここから本文です

オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、ボーン・シリーズ新ヒロインとして初来日決定

クランクイン! 9/8(木) 8:00配信

 10月公開となる人気シリーズの最新作『ジェイソン・ボーン』。続編の内容に期待も膨らむ中、今年8月には主演のマット・デイモンが9年ぶりの来日を果たしたことも話題を集めた。そして今月、公開に先駆けてヒロインを演じるアリシア・ヴィキャンデルが緊急来日することが分かった。

【関連】「アリシア・ヴィキャンデル」フォトギャラリー


 映画『ジェイソン・ボーン』は、記憶を失った暗殺者のジェイソン・ボーンを中心に描かれる人気サスペンスシリーズの続編。本作では、何年もの間、消息を絶っていたボーンのその後が描かれると共に、CIAの新たな陰謀が動き始める。

 本作のヒロイン、ヘザー・リーを演じるアリシアは、世界的に注目される実力派若手女優のひとり。劇中では、若きキャリア志向のCIAエージェントとして、ジェイソン・ボーンを追跡する。

 代表作となった映画『リリーのすべて』では、女性になりたいと願う夫を受け入れ、献身的に見守る妻のゲルダ役を好演。切なさをもたらす演技が話題を集め、「第88回アカデミー賞」では最優秀助演女優賞を受賞。レイチェル・マクアダムスやケイト・ウィンスレッドといったベテラン女優を押しのけ、オスカー女優の栄冠を手にした。

 本作への出演決定時、これまでシリーズを何度も鑑賞したほどの大ファンだと公言するアリシアは「私がジェイソン・ボーンの映画に出るなんて!」と、大はしゃぎしたという。

 映画『ジェイソン・ボーン』は、10月7日から全国ロードショー。アリシアは9月末に都内で行われるプロモーションイベントへ参加予定。

最終更新:9/8(木) 8:03

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]