ここから本文です

山崎賢人「おじいちゃんは石油王」苦し紛れにとんでもない嘘

クランクイン! 9月8日(木)11時15分配信

 9月10日公開の映画『四月は君の嘘』に出演する俳優の山崎賢人が、共演の広瀬すずとともにフジテレビのバラエティ番組『TOKIOカケル』に出演。山崎はインタビュー中に話のネタに困り、ありえない嘘をついてしまったエピソードを明かし、笑いを誘っていた。

【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー


 ちょうど2ヵ月前に、フジテレビのドラマ『好きな人がいること』の番宣のために、共演の野村周平とともに『TOKIOカケル』に出演した山崎は「2回目なんで、僕なんて話すことない」と控えめに語っていたが、好きなカラオケの曲を尋ねられ、尾崎豊の「十五の夜」と答え、TOKIOのメンバー全員より歌の一節を無茶ぶりされながらもしっかりと歌い、ノリの良さを見せる。

 また、ここ2作の出演映画がどちらも嘘をテーマとした作品と語る山崎は、インタビューで嘘の関連の質問をされた挙句、話している間にネタがなくなり、ついには出まかせで「おじいちゃんが石油王」ととんでもない嘘をついたことを告白。しかしインタビュアーからは「ありえないですね」とあっさり返されたというエピソードを明かし、皆の失笑を誘う中、広瀬だけは爆笑する姿を見せていた。

 また、この日は下北沢のおしゃれな男子を見比べて、下北沢のNo.1を決めるという催しが行われ、候補者が映し出される中でMCの長瀬智也が「下北といえば、古田新太さんみたいなものもいますから」と冗談っぽくコメント。そして広瀬がNo.1候補を選出した後で、古田の画像もあると、アロハシャツに帽子姿の古田の画像が映し出されると、広瀬は「あっ、一番これ好き!」と意外なコメントを発し、古田のスタイルに萌えた様子を見せていた。

最終更新:9月8日(木)11時15分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。