ここから本文です

小池徹平、岸谷五朗に褒められるも「引き締まる思い」

クランクイン! 9月8日(木)17時50分配信

 俳優の小池徹平が7日、岸谷五朗と肩を組んだツーショットを自身のインスタグラムに公開した。今月4日にミュージカル『キンキーブーツ』東京凱旋公演の千秋楽を迎えた小池。同舞台には、日本版演出協力・上演台本として岸谷も参加していたことから、打ち上げの席での1枚だ。

【関連】「小池徹平」フォトギャラリー


 「ごろうさん!」「たくさん勉強させてもらいました。」「キンキーブーツ」「打ち上げにて」「今日はてっぺぇ褒めるぞって言って褒めてもらった」「それはそれで嬉しいけど引き締まる思い」とキャプションに添えた小池。同舞台では、老舗靴工場の4代目チャーリー・プライスとして主演を務めていた小池は、少し頬を赤く染め満面の笑みで岸谷と並んでいる。

 この写真には、「公演終わるのは寂しいけれどほんとうにお疲れ様でした」「ゴローさん!現場の先輩の言葉を直接レクチャーしていただける環境って、とっても素晴らしいですよね」「てっぺいくんお疲れ様!ほんとうに素敵な舞台を鑑賞することができました。」「徹平くんを応援し続けてよかった~!しっかり休んでくださいね!」などのねぎらいの言葉が寄せられた。

最終更新:9月8日(木)17時50分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。