ここから本文です

上富田町にスポーツサロン

紀伊民報 9月8日(木)17時0分配信

 和歌山県上富田町は、同町朝来の上富田スポーツセンターに「スポーツサロン」を建設する。トレーニング器具をそろえ、住民らの健康づくりや介護予防、スポーツ合宿誘致の取り組みを強める。10月に着工。年内に完成する予定で、来年4月に正式オープンする。

 事業費は8660万円。国の「地方創生加速化交付金」を活用する。すべての町民が健康に暮らせるようにする町の「きらり・くちくまの健康村構想」の一つ。建物は鉄骨平屋で、床面積約525平方メートル。同センターの野球場入り口近くから多目的運動場を見下ろす位置に建て、運動場での試合や練習を観覧しながら体を動かすことができる。

 町内では高齢化に伴い、1人当たりの医療費や介護費用が増えてきている。スポーツサロンでは、高齢者らがゴムの伸縮やいすを使ってのトレーニングなどに音楽を聴きながら楽しく取り組むことで、介護予防につなげる。町が和歌山大学と協力して取り組んでいる介護予防のエクササイズも学んでもらう。

 利用は会員制にし、町民や周辺市町の住民らに利用を呼び掛ける。ルームランナーや自転車型トレーニング器具、ベンチプレス器具などを備える。インストラクターが指導し、利用者はヨガや産後のダイエット体操、けがや手術後のリハビリを兼ねた運動にも取り組める。料金設定は検討中で、平日の昼間は低料金にしたいという。

最終更新:9月8日(木)17時0分

紀伊民報