ここから本文です

県産コシヒカリ新米が一斉発売 猛暑の影響みられず

北國新聞社 9/8(木) 2:57配信

 石川県産コシヒカリの新米は7日、県内のスーパーや米穀店などで一斉発売された。米穀卸会社「米心石川」(金沢市)によると、懸念された猛暑の影響もみられず、順調に生育してもっちりとした米に仕上がっている。

 金沢市高柳町のアルビス高柳店では、入り口正面に県産コシヒカリ「一粒のきらめき」の特設コーナーが設けられた。10キロ、5キロ入りが並び、炊きたての新米を使った一口サイズのおにぎりが振る舞われた。

 米心石川によると、初回の出荷量は昨年とほぼ同じ100トンとなる見込み。稲作からの転作が進んで供給量が減ったため、価格は10キロ当たり100円前後高くなっているという。

北國新聞社

最終更新:9/8(木) 2:57

北國新聞社